報告と紹介

桃が7月19日虹の橋へ渡りました。
お花を送って下さった皆様
メッセージを下さった皆様
遅くなりましたが心よりお礼申し上げます。
近所の犬友さん達にはまだきちんと報告が出来ていません。
散歩時間をずらしたりと会わないようにしています。。
ネットもろくに開けません。

私の今の気持ちを書きます。
少し長くなりますがお付き合い下さい。。

私が活動を始めたのは2007年です。
きっかけはこんなに沢山の犬や猫が処分されている事を知ってです。
保健所に足を運んだら色々な手続きがいる事を知ったり
警察所へ行っても門前払いだったり
右も左もわからないけど救いたい一心で友達と一緒に小さな団体を立ち上げました。
そしてある1匹のゴルを大雨の中大道路で遭遇し大人3人で追いつめ保護しました。
首にリードを輪っかにしかけるまでは唸っていたので怖いなぁ・・噛まないかな・・と恐る恐るだったのを
鮮明に覚えています。
警察へ行き届けをだし自宅に連れて帰ってから翌日昨日までの恐怖が嘘のように
甘える大きな子。1歳なるかならないかの女の子。

尋常じゃなく愛おしく思いました。
飼い主は出て来ず警察署で一応2週間でアナタに所有権は移りますが
3か月以内に飼い主が現れた場合いかなる場合でも返還をして下さいと言われ
へぇ~そうなんや。。と思ったのを覚えてます。
3か月も待てないので避妊手術等を終わらせ募集開始し3か月以内に飼い主が出てきた場合返還を理解下さる
里親さんにバトンタッチ。
トライアルの時も正式譲渡の時も心から寂しい・・飼ってあげたい・・と思いました。

この日を境に徐々にゴルに目がいくようになりゴルを家族に迎えたいと思い
あるサイトで里親募集されていた桃に出会いました。

桃と言う名前は人生初めて保護したゴルの名前を付けました。

桃は子犬からシニアまでどんな性格の子でも受け入れる優しい子でした。
噛まれても絶対やり返さない子でした。

そして一緒に立ち上げた小さな団体の友達に背中を押され
個人でゴルメインの活動を始めました。

ゴル以外にも空きがあれば受け入れて
たまにかぶる時もあったけど自分ではこれまでゴルメインで活動してきた
つもりです。

そして活動仲間も出来たりみんな個人は個人なりに繋がりを持ち
1匹でも救いたいと小型なら1匹いけるよなど連絡を取り活動して来ました。

私が未熟で預かってくれた人に迷惑をかけたり
金銭的に厳しくて支援をお願いしたりと不甲斐ない保護主だったと思います。
でも沢山の方が後方支援としていてくれたからこの数年間活動が出来ました。


それは本当に感謝しています。

全て実費だったらこれだけの数の犬や猫を保護は出来ませんでした。

桃が居なくなっても私の生活は変わりません。
でも今までみたいな活動はちょっと出来ないかなと思っています。


おもしろい事があれば笑ってるし
ごはんも食べてます。

でもちょっとうまく言えないけど1か月以上たった今でも心が暗いです。

もし私の前に犬や猫が現れたら迷わず保護すると思います。
でもそれ以外は今まで通り家族同様に保護してあげれる責任が持てません。

ごめんなさい。。。


そして支援を考えて下さっている方々へ
今の所桃家に新たに保護犬がくる予定はありません。
ですので個人でされている自費の活動者様へどうか支援を検討して頂けたら嬉しいです。
個人での自費活動は一生出来るものではないと思います。
カードや生活費から金策されている方がほとんどです。
その方達が1日でも活動が続けれるようどうか宜しくお願いします。




現在桃家には猫1匹と6月初旬からシニアゴルとチワワがいます。
飼い主持ちこみのゴルです。チワワはお迎えがありませんでした。
猫の詳細は前からいますので省きますが
このゴルは強いトラウマがあり心に大きな傷があります。
本気で口が出てしまう子です。
紹介ではなちゃんの行動を理解して下さる方の元へトライアルにも行きましたが
厳しいとの判断で戻って来ています。
なので大々的に募集は出していません。
もう少しリハビリして様子を見ようと思います。
ゴル


そして先日熱中症で保護した猫さんが入院していましたが5日目に治療の甲斐なく虹の橋に渡りました。
猫

そして若いチワワちゃん。推定3歳~4歳の女の子。
センターからです。
この子は帝王切開の跡があり縫合不全&子宮が膀胱等に酷い癒着があり
出血量も多く大変な手術になりました。
表情も無く尻尾を振る尻尾を上げる姿は見た事がありません。
感情がない感じの子です。
とっても怖がりですが吠えも威嚇も一切なくされるがままな子ですが
現在は預かり様のお家でケアして頂いて家族の出会いを待っています。
ちわわ




収支報告
熱中症の猫さん医療費
5万7050円

残金5万5389円-5万7050円=-1661円

※新たに保護犬を迎える予定はないので支援は全てお断りしておりますm(__)m

保護犬が来ればこちらでも記事はUPします。
(今いる子の譲渡報告はします。)
暇な時に覗いて頂けたら幸いです!

長くなりましたが桃家はゆっくりボチボチ生きていきますので安心下さいね!
スポンサーサイト